2010年05月22日

韓国艦沈没で政府閣僚会議 追加制裁で米韓と連携(産経新聞)

 政府は20日昼、韓国海軍哨戒艦沈没事件に関し北朝鮮製の魚雷攻撃で沈没したとの調査結果が発表されたのを受け、首相官邸で関係閣僚会議を開いて対応を協議した。鳩山由紀夫首相、菅直人副総理・財務相、岡田克也外相、北沢俊美防衛相、中井洽(ひろし)拉致問題担当相、平野博文官房長官らが出席。平野氏はこれに先立つ記者会見で、韓国政府が国連安全保障理事会で制裁措置を提起した場合、日本政府として支持する考えを示した。

 平野氏は会見で、調査結果の信頼性を強調した上で、沈没事件を起こした北朝鮮政府を「極めて遺憾だ」と非難した。今後の対応については米韓両国と協力するとした上で、韓国の李明博大統領が安保理に追加制裁を提起した場合の対応に関し「大統領がそういう行為をすれば、日本政府も指示する」と述べた。

 これに関連し、首相は19日の日韓首脳電話会談で、調査結果を事前に説明した李大統領に「日本としては(韓国を)支持する。日米韓の連携でしっかりと対処したい」と全面的に協力する考えを表明していた。

 ただ、政府内からは北朝鮮の出方への懸念もあり、岡田克也外相は20日午前の参院外交防衛委員会で「日本にもどういう事態が起きるか分からない。冷静でしっかりとした対応が求められている」と述べた。

【関連記事】
韓国艦沈没 国連事務総長「極めて悩ましい」
韓国艦沈没 中国が冷静な対応呼び掛け
北朝鮮、韓国発表を「謀略、でっち上げ」と否定
韓国艦沈没 ホワイトハウスが北朝鮮非難
韓国艦沈没事件 政府が閣僚会議で対応策検討
中国が優等生路線に?

「連立維持する気あるのか」=又市社民副党首、県内移設を批判(時事通信)
<普天間移設>首相発言で「決着」も 閣議了解から後退(毎日新聞)
<陸山会事件>小沢氏、3度目聴取 「起訴相当」で再捜査(毎日新聞)
大久保元秘書を聴取=小沢氏処分近く協議―陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
捜査員同宿「違法の疑い」=殺人の無職男裁判員裁判−大阪地裁(時事通信)
posted by ウメハラ ミキオ at 02:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。