2010年03月08日

「光る標識」で事故死7割減=交差点やカーブに集中整備−栃木県警(時事通信)

 光る道路標識で交通事故の死者数が7割減−。栃木県警が、夜間に発光したり反射性が高い道路標識を集中整備したところ、こんな効果が表れたという。事故が多い交差点やカーブに狙いを付け、4年間かけて策を講じた結果だ。事故件数も約3割減少。県警は「運転者や歩行者によく見える標識が著しい抑止効果を生んだ」としており、来年度以降も整備を進める考えだ。
 同県は人口10万人当たりの交通事故死者数が2005年に全国ワースト1位となった。汚名返上のため、県警は事故発生場所のうち半分を占める交差点とカーブに注目、全国で初めて集中整備に乗り出した。
 県警交通規制課によると、設置したのは「高輝度道路標識・標示」。太陽電池で発電し、夜間に発光ダイオード(LED)が赤く点滅する一時停止の標識やセンターライン上で点滅する道路びょうのほか、従来の3倍程度の反射性があり視認性を高めた一時停止標識や横断歩道などがある。 

【関連ニュース】
不慮の事故死、なぜ地域差?=最高の高知、沖縄の2.7倍
年末年始の交通死86人=過去2番目の少なさ
交通死5000人下回る=57年ぶり、昨年4914人-9年連続減・警察庁
交通死4000人、最遅ペース=年間5000人下回る可能性
「ゼロの日」の交通死9人=警察庁

鳥取2人殺害の裁判員裁判、検察が無期求刑(読売新聞)
野菜大好き!「植物工場」にハマッた美人研究者(産経新聞)
自民、離党届け出の松田氏を除名へ 大島氏「私利、私益」(産経新聞)
子ども手当満額支給 首相「国債発行してまで…」(産経新聞)
<地震>沖縄で震度5弱 津波警報発令(毎日新聞)
posted by ウメハラ ミキオ at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

医療チームをチリに派遣=鳩山首相「支援への第一歩」−政府(時事通信)

 政府は1日午前、チリ中部沿岸で発生した巨大地震の被災者救援のため、緊急医療チームの派遣を決めた。チリ政府と協議しながら、チームの態勢や救援内容などを早急に詰める。
 これに関し、鳩山由紀夫首相は「日本としてどんな手伝いをできるか早急に考えたい。医療チーム派遣はその一歩だ」と述べ、復興支援にも積極的に協力する方針を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕ハイチ大地震
〔写真特集〕2010年チリ大地震〜日本にも津波〜

<放火>油まいた男が焼死 京都・知人の夫婦重傷(毎日新聞)
警察犬「ポール」病死=出動590回、表彰も−警視庁(時事通信)
<詐欺容疑>国選弁護費用を水増し請求、弁護士逮捕 岡山(毎日新聞)
自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判(産経新聞)
<天皇陛下>内井昭蔵回顧展を鑑賞 世田谷美術館(毎日新聞)
posted by ウメハラ ミキオ at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。